資格

福祉系


厚生労働省(国家試験)介護福祉士

1

日常生活を営むうえで支障がある人に対し、専門的知識や技術をもって、入浴、排泄、食事などの介護をするとともに、家族等に介護の指導をするのが主な仕事です。
急速なテンポで進む高齢化社会に対応するため、昭和62年に創設された国家資格です。


厚生労働省(国家試験)社会福祉士

専門的知識および技能をもって、身体や精神に障害をもつ人々の福祉に関する相談に応じたり、助言・指導するのが社会福祉士の主な業務です。


宮崎県 任用資格介護職員初任者研修(ホームヘルパー)

高齢者や障害のある人の介護や生活の援助を行う仕事です。
在宅の高齢者のための在宅福祉サービスの利用が増加する中で、在宅介護サービスの中心的担い手となって活動しています。
利用者本人や家族への精神的ケアを行うほか、家族に介護の技術的な指導を行うことも大切な仕事です。


手話技能検定協会主催手話技能検定

相手の簡単な手話が理解でき、手話で挨拶、自己紹介程度の会話が可能な技術の習得を目標に置きながら、形、動きの視覚的な特徴をとらえて表現することができます。


消防本部認定普通救命講習

成人の心肺蘇生を柱とした統一カリキュラムの3時間講習です。
蘇生人形を使って心肺蘇生の練習を主に行います。人工呼吸・心臓マッサージに特別な技術は必要ありません。
講習修了者には、消防本部より修了証(認定)が発行されます。

2 3


スポーツ系


日本体育協会主催スポーツリーダー

地域におけるスポーツグループやサークルなどのリーダーとして、スポーツ指導にあたりたい方におすすめの資格です。
取得後は、競技別指導者資格やフィットネス資格へステップアップすることも可能です。


NPO法人宮崎スポーツ振興会主催審判員講習(アンパイアスクール受講)

野球の試合に欠かせないアンパイアの技術を身につけるため、毎年12月に野球審判講習会に参加しています。
プロ、アマの第一線で活躍されている講師を招いて、動きを実践してみると、選手とはまた違った世界が見えてきます。

4 5